知っているのとちょっと違う?オーストラリアのクリスマス

知っているのとちょっと違う?オーストラリアのクリスマス

クリスマスと聞いてどんなことを想像しますか?ケーキやプレゼントもそうですが、雪やイルミネーションなどの寒い時期特有のイベントを想像するという方も多いと思います。しかしそれは北半球に人口が集中しているから。オーストラリアのクリスマスは、わたし達が想像しているようなクリスマスとひと味ちがうのです。

雪が降らない真夏のクリスマス!

南半球に位置するオーストラリアの季節は日本と反対で、12月から2月までは夏となっています。そのためオーストラリアのクリスマスは、わたし達が想像するような寒い時期のイベントではなく、暖かい時期のイベントなのです。オーストラリアのクリスマスでは、サンタ姿でサーフィンをしている方やサンタの帽子を被ったビキニ姿の女性などを見ることが出来ます。

暖かい暖炉でチキンを食べる。そんなクリスマスは過ごさない!

アメリカやカナダのクリスマスは、暖炉で暖まりながらチキンを食べたり、ケーキを食べたりして過ごすことが定番となっています。しかしオーストラリアのクリスマスは違います。オーストラリアのクリスマスは、バーベキューをして過ごすのです。中にはビーチでバーベキューをする人もいます。特に公共のバーベキュー台とピクニックテーブルが揃っているクージービーチは、ビーチバーベキューの定番スポットとなっています。

クリスマスツリーは偽物!

モミの木はオーストラリアには生息しないため、クリスマスツリーは全て造り物です。また暑い時期にクリスマスがあるからこそ、クリスマスツリーに綿の雪などを飾ることもありません。

クリスマスソングが夏仕様!

クリスマスソングにはよく「雪」や「寒い」という言葉が使用されています。しかしクリスマスが夏の時期に訪れるオーストラリアでは、「雪」や「寒い」という言葉とは無関係です。そのためオーストラリアのクリスマスソングには「夏の日」や「暑い」といった言葉がよく使用されています。

スイーツはイギリスから影響された?

オーストラリアがクリスマスの時期に食べるスイーツは、元宗主国であったイギリスの影響が強く残っています。日本のように生クリームがたっぷりとのった、ふわふわのスポンジケーキではなく、ずっしりとしたクリスマスプディングが一般的となっています。わたし達が普段食べているショートケーキやチョコレートケーキではなく、ミンスパイやジンジャーブレッドなどイギリスのクリスマスを代表するスイーツが店頭で販売されるようになります。

オーストラリア特有、7月のクリスマス!

クリスマスが夏の時期にあるオーストラリアは、冬のクリスマスの雰囲気を楽しむために「Christmas in July(7月のクリスマス)」というイベントがあります。北米で祝い始めたクリスマスは、冬のイメージが強く夏にクリスマスのあるオーストラリアでは、クリスマス特有のあたかい料理やサンタクロースの服装を楽しむことができません。そのためオーストラリアにとって真冬である7月にも、クリスマスを祝うという習慣ができたのです。しかしこの7月のクリスマスは、祝日にはなっていません。

おわりに

クリスマスといったら、寒い時期のイベントというイメージが強いことと思います。しかし南半球に位置するオーストラリアでは、夏の暑い時期にクリスマスが訪れるのです。そのためわたし達がイメージしているクリスマスとは少し違いがあり、オーストラリアではビーチでバーベキューをしたり、サーフィンを楽しんだりしてクリスマスを過ごすのです。寒いから冬は嫌いだという人は、寒い日本を抜けだして、一味違うオーストラリアのクリスマスを体験してみるのもいいかもしれません。

The following two tabs change content below.
死ぬまでに行っておきたい世界のお祭り

死ぬまでに行っておきたい世界のお祭り

世界で行われているお祭りはダイナミック!日本にはないスケールの大きなお祭りから風変わりなものまでご紹介致します。そして日本を立つ前に必要な英会話やマナーについてもご紹介しますよ!