日本でも有名!オクトーバーフェスト

日本でも有名!オクトーバーフェスト

日本の各地でも開催されるほど有名なオクトーバーフェストは、ビール好きにはたまらないお祭りだと言えるでしょう。
ここではオクトーバーフェストについて説明します。

世界最大のビール祭り!本場はドイツ!

オクトーバーフェストは、ドイツのミュンヘンで開催されている世界最大のビール祭りのことをいい、毎年9月の中旬から10月の初旬まで行われています。東京ドーム9個分ほどの巨大な敷地の中に、巨大テントや屋台が幾つもあり、ジェットコースターなどのアトラクションも用意されています。巨大テントの中では思う存分にビールを堪能することができ、屋台ではビールと相性抜群のソーセージが販売されています。

特別!オクトーバーフェストのために用意したビール

オクトーバーフェストの醍醐味は、なんといってもマスと呼ばれる1Lのジョッキに注がれたビールです。このビールは各醸造所が、通常のビールよりアルコール度数を少し高めにつくられた、オクトーバーフェストのためだけに用意した専用のビールです。

いつから開催された?オクトーバーフェストの歴史

オクトーバーフェストは1810年に、皇太子ルードヴィヒとザクセン皇女テレーゼの結婚のお祝いとして開催されました。当時の開催日が10月17日だったため、オクトーバーフェストには「10月祭」という意味があります。現在は9月の中旬から10月の初旬まで開催されています。毎年約700万人がオクトーバーフェストに訪れています。イタリアから訪れる人が多いため、オクトーバーフェストの2度目の週末は「イタリア人の週末」とも名付けられています。

パレードから始まる!銃声が聞こえるまでビールはお預け

オクトーバーフェストは、馬車に乗ったお祭りの従業員がシュヴェンターラー通りを通過し、オクトーバーフェストの会場であるテレージエンヴィーゼに入場するという、派手なパレードで始まるという決まりがあります。
そして巨大テントでミュンヘンの市長が最初のビールの樽を開戦し、拳銃が12発鳴り響いたらすべてのビールテントが営業を開始するのです。
ビールテントは午前9時から開いているのですが、拳銃が聞こえるまではビールも飲むことが出来ず、食べ物も食べることができません。

オクトーバーフェスト流!気になるドレスコード

基本的にオクトーバーフェストでは服装を問わず、何を着て行ってもいいといわれています。しかしビールがかかってしまうことなどを想定して、高価な洋服やシミが落ちにくい素材のものは着ないほうがいいといえるでしょう。地元の人はバイエルンの民族衣装を着ていることが多く、女性はディアンドルと呼ばれるエプロン付きのワンピースを着用しています。またディアンドルの下に着る専用のブラウスは、デコルテが開いているタイプが多く、ワンピースはくるぶしまでの長いものから膝が見えるほど短いものまであり、模様や色の種類も多いです。

祭りは行きたい!ビールが飲めない。どうすればいいの?

ビールが飲めないという方でも大丈夫、アプフェルザフトショーレやシュペーツィといった、ノンアルコールの飲み物も用意されています。またビールの苦味が苦手だという方は、レモネードと割って飲むことで飲みやすくなります。またこの割り方は、ルスというドイツに元々ある飲み物です。お祭りには参加したいけどビールが飲めなくてちょっと残念に思っている人は、ビール以外に用意されているものを飲むようにしましょう。

おわりに

オクトーバーフェストは、ビール好きにはたまらないお祭りだといえるでしょう。1Lのマスに注がれた、この日のためだけに作られたビールを思う存分堪能することができます。
このビールを6杯飲むとすごいといわれているため、6杯飲めたら多くの人から注目を集められること間違いないでしょう。

参考サイト:オクトーバーフェスト

 

The following two tabs change content below.
死ぬまでに行っておきたい世界のお祭り

死ぬまでに行っておきたい世界のお祭り

世界で行われているお祭りはダイナミック!日本にはないスケールの大きなお祭りから風変わりなものまでご紹介致します。そして日本を立つ前に必要な英会話やマナーについてもご紹介しますよ!