これをやっちゃダメ!国別タブー行為

これをやっちゃダメ!国別タブー行為

日本では当たり前のように行っていることが、海外によってはタブーということもあります。海外旅行で恥をかいたりトラブルに巻き込まれたりしないよう、国別のタブーな行為を理解しておきましょう。

絶対にやってはいけない!国別タブー行為

アメリカ

  • トイレをノックする

日本ではトイレのドアをコンコンとノックする行為は、「入っていますか?」という合図になりますが、アメリカでは「早くでてこい」という意味になります。

  • 鼻をすする

鼻をかむことに何故か日本人は恥ずかしさを感じ、鼻をすする人が多くいます。しかし欧米を中心に鼻をすする行為に不快感を覚える人々もいます。ホテルに一人でいる時などは気にする必要はありませんが、公共の場ではマナー違反と見られることもあるようです。

  • 大声で店員を呼ぶ

レストランなどでも片手を上げて「すみません」と店員を呼ぶことが、日本では一般的ですよね。しかしアメリカではアイコンタクトが主流となっており、「すみません」と呼ぶどころか、片手さえ上げることがありません。

イタリア

日本ではスプーンを使用し、フォークにクルクルとスパゲッティを巻きつけて食べますが、イタリアではスプーンを使いません。しかし子供はスパゲッティを食べるときに、スプーンを使用してもいいとされています。このことから大人がスプーンを使ってパスタを食べていると、子供じみていると思われるかもしれません。

ギリシャ

  • ピースサイン

よく写真を撮るときなどピースサインを作ることがあります。しかしこのピースサインは、ギリシャではタブー行為で侮辱を意味してしまうそうです。これはギリシャでは犯罪者を意味していますが、犯罪者が二本指で物を投げたことに由来しています。

  • 手の平を見せる

ギリシャでは手の平を見せてはいけません。ピースサインと同様に手の平を見せる行為は、侮辱を意味してしまうのです。そのためタクシーなどを停める時なども手の平が見えないよう、人差し指だけを上げて停めるようにしましょう。

イギリス / オーストラリア

ピースサインを反対向きにした裏ピースも、日本ではよく写真を撮る時などにするポーズの1つでもあります。イギリスやオーストリアでの裏ピースは、性的な意味や侮辱という意味になってしまうため、気をつけるようにしましょう。

フランス / ギリシャ

親指と人差指で輪を作るOKサイン。このOKサインが、フランスやギリシャでは侮辱を意味し、ブラジルでは危険人物という意味があります。またこのOKサインは多くの国で、いい意味のないハンドサインだと言われているため、日本以外の国で使うことはやめておく方が無難でしょう。

ドイツ / オーストリア

ドイツやオーストラリアでは、右手を揚げたハイル・ヒトラーの敬礼は絶対にしてはいけません。実際にハイル・ヒトラーの敬礼をした者が逮捕されるということもありました。たとえ冗談でも、してはいけない行為だといえます。

ハワイ

最近は日本でもビーチでの飲酒が禁止されるようになりましたが、まだ日本ではそこまで厳しい決まりごとにはなっていませんよね。しかしハワイのビーチでの飲酒は違法です。ハワイの綺麗な海を眺めながらビーチでお酒を飲みたくなる気持ちは分かりますが、ビーチでの飲酒はやめましょう。

シンガポール

シンガポールではガムを食べるどころか、持ち込むことも禁止されています。ガムを所持しているだけで罰金刑となるため、シンガポールへのガムの持ち込みはやめましょう。

タイ / インド / ネパール

タイ・インド・ネパールでは、他人の頭に触れることがよくないとされています。頭は神聖なもので、特に子供の頭は精霊が宿ると言われているため、触れると失礼にあたるのです。
ついつい可愛い子供に「可愛いね」と頭をなでたくなることもあるかもしれませんが、頭に触れないように注意しましょう。

タイ

タイでは女性が、むやみに僧侶に話しかけてはいけないという決まりがあります。また僧侶の体や衣に触れたり、電車などで僧侶の隣の席に座ったりすることも禁止されています。
しかし僧侶と女性の間に、男性が1人でもいれば、近くに座っても許されるそうです。

台湾

日本ではおにぎりやパンなど、簡単につまめるものを電車の中で食べている人を見かけることがあります。しかし台湾では、電車やバス内での飲食が全面的に禁止されています。
ペットボトルの飲料を飲んだりガムを噛んだりするだけで、罰金として日本円で5,000円程度支払う必要があります。

おわりに

ピースサインをして写真を撮ったりスプーンを使用してスパゲッティを食べたり、日本では当たり前のようにしていることも、海外では人を馬鹿にするような失礼な行為になってしまうこともあり、トラブルに巻き込まれることもあり得ます。
恥をかかないためにも、海外でのタブーな行為を理解しておくようにしましょう。

The following two tabs change content below.
死ぬまでに行っておきたい世界のお祭り

死ぬまでに行っておきたい世界のお祭り

世界で行われているお祭りはダイナミック!日本にはないスケールの大きなお祭りから風変わりなものまでご紹介致します。そして日本を立つ前に必要な英会話やマナーについてもご紹介しますよ!